邑楽郡大泉町のけやき接骨院と足の痺れ(しびれ)

query_builder 2021/02/18
ブログ
イラストAC正座





群馬県邑楽郡大泉町の『けやき接骨院』です。






痺れ(しびれ)の出る症状として「腰部脊柱管狭窄症」や「坐骨神経痛」については、このブログでも以前に書いたことがあるのですが、正座などをした時も足がしびれたりしますよね?




今日は、そんな時の足の「痺れ(しびれ)」について書いてみようと思います。




いきなり結論から言うと、正座をした時の足のしびれの原因は、足の血流の異常によって、神経に異常電流が流れるからです。




液の流れが悪くなり、これにより、末梢神経に必要な酸素が不足します。

(枝分かれして、全身に伸びている神経を末梢神経といいます)




さらに、皮膚に近い末梢神経は、体の重みによって直接圧迫を受けてしまいます。




正座することで、血流が止まりしびれが出現し、その後、血流を解放することで、もう1回、びりびりした痛みを感じます。




つまり、痺れやビリビリした感覚は足(脚)の末梢神経が異常を知らせるための防御反応だったというわけなんです。




ただし出来る事なら、正座していて足のしびれを感じたら、体勢を変えて下さい。




足のしびれを感じにくい方は、時間を決めて姿勢を変えて下さい。




足のしびれを感じる方はまだ良いですが、足のしびれを全く感じなければ、そのまま足が壊死してしまうこともあるそうです。




今はお葬式などでも、椅子で行われることが多いので、なかなか正座をする機会が減ってきていると思います。




それでも、正座をしなければならない場合は、足の血行や色などを、確認しながら正座をしてみて下さい。







けやき接骨院でした。





NEW

  • 大泉町の接骨院・ランニング時の腹痛2

    query_builder 2021/10/15
  • 大泉町の接骨院・ランニング時の腹痛

    query_builder 2021/10/14
  • 大泉町の接骨院・整体メニューとは?

    query_builder 2021/10/12
  • 大泉町の接骨院・目が疲れている人にもオススメ

    query_builder 2021/10/11
  • 大泉町の接骨院・ポルトガル語(外国語)

    query_builder 2021/10/09

CATEGORY

ARCHIVE