大泉町の接骨院と橈骨遠位端骨折その2

query_builder 2022/06/01
サービス
骨折レントゲン2

群馬県邑楽郡大泉町の『けやき接骨院』です。




前回の続きです。




今日の写真は前回と同じかたですが、




写真を撮っている角度(写真と撮っている方向)が違います。




ちなみに、見てもらえばわかるかもしれませんが、




2枚ともレポ(整復)前です。




骨の折れかたの具合によっては、




手術になることもありますが、




このかたは折れている骨のずれが、




そこまで大きくなかったので、




整復をして、固定をして骨がつくのを待ちました。




ただし骨がくっつくのを待っている間も、




何もしないわけではありません。




もちろん患部は安静ですが、




患部以外で動かせるところは、




どんどん動かしていきます。




例えば指先や肩、ギプスやシーネで、




固定されていないところは動かします。




ずっと動かさないでいると、




固まってしまい動かなくなってしまうからです。




転んだ時の手の付き方や、




骨折線の入りかたによってタイプも様々です。




簡単にちょっとだけ説明します。




コーレス骨折

手首がフォークを伏せて置いたような形になります。


スミス骨折

コーレス骨折の逆の変形です。


バートン骨折(関節内骨折)

橈骨の遠位端が手首の関節を巻き込んで骨折を生じます。




言葉だけでは難しいので、




いつか画像を用意して、




またこちらで書いてみようと思います。




出来れば骨折したくないですよね。




ちなみに、私は3回骨折したことがあります。




右手首を小学校の時だったので、どういった骨折だったか、




わかりませんが、いま思えば、




橈骨遠位端骨折だったのかもしれません。




あとは高校生の時に、右小指と右中指です。




皆さんのご来院お持ちしております。





けやき接骨院でした。



NEW

  • 受付時間変更のお知らせ

    query_builder 2023/09/25
  • 2023年8月お盆期間のお知らせ

    query_builder 2023/08/07
  • 2023年4・5月のお知らせ

    query_builder 2023/04/20
  • 大泉町の接骨院・ベレガのエイジェレブ「ゲルウォッシング」

    query_builder 2023/01/25
  • 2022~2023年の年末年始のお知らせ

    query_builder 2022/12/20

CATEGORY

ARCHIVE